サイトマップ

福島県看護連盟 FUKUSHIMA NURSING FEDERATION

〒963-8871

福島県郡山市本町一丁目19番8号 生天目ビル1階

TEL  024-973-8819
FAX  024-973-8829

会長あいさつ

 新年あけましておめでとうございます。皆様におかれましてはつつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 昨年は、会員の皆様に格別なご支援ご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 平成28年度前半の看護連盟事業は、第24回参議院選挙に重点を置き、看護の代表「高階恵美子参議院議員」を再び国政に送ることができました。会員はじめ多くの皆様のご支援ご協力の賜物と深く感謝申し上げます。そして後半は予定していた各種研修会、国会見学等を実施いたしました。リーダー研修会には、都道府県看護連盟の中で獲得票トップの長崎県の支部長さんと同じ職場の看護部長さんにお越しいただいて、連盟活動の取り組みについて拝聴することができました。看護部長さんの理解と強力な支援、そして支部長さんの熱い思いで徹底した活動を知ることができました。私たちのこれからの活動に是非活かしていきたいという強い思いに駆られました。現在、県内各地区においてもそれぞれ役員、支部長が中心となり、研修を行っているところです。会員の皆様に看護連盟組織の理解を深めていただき、よき人間関係を築いて共に看護の課題に取り組んでまいりたいと思います。昨年11月に自民党県連と平成29年度看護職確保に関する看護関連事業予算の確保、看護学校教員養成と実習指導者育成に関する予算の確保の要望について国会陳情行ってまいりました。年々急速に人口減少、少子・超高齢化が進展している今日、県民の健康を守り生活に寄り添う身近な看護職、介護職の確保は喫緊の課題です。さらに前進できるよう取り組んでまいります。そして平成29年度は、組織強化のために連盟活動の理解を促進し、会員確保に重点を置きたいと思っています。従来にも増して、会員一人ひとりに連盟組織の理解と代表議員の活動等情報を伝える取り組みをしてまいりたいと考えています。また、政治力を高めるために、各議員との情報交換や看護政策実現に向けて、連携強化を促進してまいりたいと思います。

 今年の皆様にとって素晴らしい年でありますよう祈念いたしまして、私からのご挨拶とさせていただきます。

2017年1月

福島県看護連盟 本内敦子 会長 写真
福島県看護連盟会長

本内 敦子