サイトマップ

福島県看護連盟 FUKUSHIMA NURSING FEDERATION

〒963-8874

福島県郡山市深沢1丁目2番10号

TEL  024-973-8819
FAX  024-973-8829

会長あいさつ

 

2022年 福島県看護連盟会長挨拶

 

 新しい年を迎え、会員の皆様に一言ご挨拶申し上げます。

 平素より連盟活動にご支援ご協力をいただき、お礼申し上げます。

 この2年間あまり、コロナ感染症が発症し、さらに変異株としてオミクロン株の感染症が急増し、医療の現場は逼迫した状況が続き、不安と疲労感を抱きながら頑張っていただいており、感謝と敬意を表します。

 昨年は、看護職の厳しい状況の中で頑張ってくださり、人々が高い関心をもち、国も看護師の給与の問題を取り上げてくださいました。看護職一人一人のモチベーションが上がるよう、是非実現してほしいと思います。

 ところで、看護連盟の活動は、人と人との結び付きが重要ですが、この時期は研修、集会、会議も集合で開催できず、オンラインで開催しています。従って、従来のような積極的な活動が難しい状況になっております。

 それでも集合とオンラインにより福島県看護連盟創立60周年記念式典を開催することができ、記念誌をまもなく発刊することができます。

 今年は、寅年ですが36年に一度の五黄の寅年であり、「虎は千里行って、千里戻るという」ことわざもあり、かなり勢力があるということです。

 夏には、第26回参議院選挙があります。3年ごとの参議院選挙は、看護職の比例代表を国政に送る活動が中心に行われなければなりません。

 急速に超高齢社会が促進し、コロナ感染が終息しない中、看護職の働く環境などの課題は多く、是非看護の現場を知る代表を国政に送ることが、看護職のみならず国民の安全で安心できる医療提供ができるものと思います。

 結びに会員、看護職にはご理解いただき、寅年にあやかって精力的に必ず看護職候補予定者の知名度アップを図り、投票行動をお願いし、会長挨拶といたします。

福島県看護連盟 本内敦子 会長 写真
福島県看護連盟会長

本内 敦子